保険を見直す

机の上の書類や電卓

保険は人生でマイホームについて2番目に高い買い物と言われています。長年かけて毎月お金を支払っていくのでマイホームを購入した場合の住宅ローンと同じイメージです。保険はあくまで保険であってこれを利用することにこしたことはないため加入必要ないのではと思いますが、いざ事故やけがをした時の治療費や入院費を自腹で支払うことは大変です。特に入院期間が長いと家計を非常に切迫します。この保険の加入と保険見直しのタイミングについて議論されますが、難しいものがあります。特に加入している保険からの保険見直しをいつ行うのかがタイミングが難しいです。まずはじめて加入するタイミングは社会人になって働き出した時となっています。

では保険見直しをいつ行うかですが、多くの人は結婚した時や子供が生まれた時となっています。これはそれまで加入していた保険の内容が自分自身のための金額となっていたものを、もしもの時に家族のためにお金を残してあげることができる内容に変更するため保険見直しが必要となるためです。なので掛け金も多くなります。ここで生命保険には掛け捨て型と終身型があります。終身保険は満期までずっと保険内容が継続するものなので保険内容があついため毎月の支払額が高いです。また満期以降にお金が戻ってくるものが多いので、貯蓄の性質も持ち合わせているものとなっています。これに対して掛け捨て型は満期期間が短く万期以降はお金は戻ってきません。